プリント基板制作の基礎知識

プリント基板制作における情報をまとめています

こちらのサイトは、プリント基板に関する情報を取得することが可能です。個人や法人による制作の依頼についての概要や利用することによって得られるメリットや納期など、幅広い情報が取り扱われています。
そのため、閲覧することでプリント基板に関する様々な情報を得ることができるので、これから制作をしてもらいたいと考えている人にとって便利なサイトといえます。
コラムスタイルでの情報提供であるため、読んでいてい苦痛にならない点も良いです。

個人レベルのプリント基板の制作について

個人レベルのプリント基板の制作について\ 個人でプリント基板の制作をしたい場合、技術や知識を持ち合わせていないとうまくいきません。そこで、個人レベルで製造したいと考えているのであれば、依頼に基づいて設計と製造をしてもらうことのできる業者に依頼したほうが短期間で用意することができます。
また、業者は要望をきちんと聞いたうえでそれにかなうものを検討してくれますので、クォリティーの高いプリント基板を個人でも用意可能です。
しかも、コストもそこまで高くはありませんし、少量からのオーダーも受け付けてもらうことができるため、企業からの依頼ではなかったとしても対応してもらうことができます。
具体的な料金はピン単価で設定されていることが多いため、業者ごとの料金設定を調べてみましょう。

個人のプリント基板の制作を習得するまでの流れ

個人のプリント基板の制作を習得するまでの流れ プリント基板を個人で制作する時のポイントは結線を上手に行う事が出来る工夫を考えるなどが重要です。
その工夫の一つに、端子が多くあるICをアートワーク図の中に配置する、端子からの配線をなるべく短くしながら、電子部品の接続を考える方法がお勧めです。
特に、サイズが大きな部品などの場合は最初に配置しておけば、後からスペースがなくなってしまうなどが起こりにくくなります。アートワークが完成した後は、透明のフィルムに印字を行いましょう。
直接プリント基板の銅箔面にアートワークを記述して行く方法もありますが、手間暇を考えた場合は透明のフィルムに印字、感光基板を利用してパターン図を焼き付けた上でエッチング処理を施すと簡単にプリント基板を制作出来ます。
ちなみに、プリント基板のアートワーク制作は、フリーウェアで提供されているCADソフトを利用すると便利です。
こうしたソフトを利用すればCADの習得にも役立つのでネットで探して見ると良いでしょう。
エッチング処理が完了した後は、エッチング液を拭き取ってから水洗いを行い、ドリルを使って部品の挿入用の穴を開けて行きます。
すべての穴を開け終えたら、フラックスを塗布すれば生基板の完成です。

プリント基板関連サイト

プリント基板の製作日数をご紹介。日程により価格が変動します。

プリント基板 制作

Copyright © 2017 プリント基板制作の基礎知識 all rights reserved.