プリント基板制作の基礎知識

CADソフトを使用した作り方

CADソフトを使用した作り方

CADソフトを使用した作り方 プリント基板を作るには回路図、部品のデータシート、基板外形図、部品配置図、設計仕様書を作成します。CADソフトを使用する場合には部品のピンの接続情報が書かれたネットリスト、プリント基板設計CADに対応した部品データ、基板外形データを用意しなければいけません。
ネットリストは回路設計CADで出力できます。部品データと基板外形データはプリント基板設計CADで作成します。部品データは部品のデータシートの寸法図を参考にして作成します。基板外形データは基板外形図を参考にして作成します。また、何層基板なのか、パターン幅、部品の配置情報(配置禁止エリアや高さ制限など)の設定も行います。
部品データと基板外形データを設計画面に配置して、ネットリストを読み込むと、部品のピンからいくつものラインが表示されます。そのラインに従って配線を行います。最近では設計仕様を予め設定しておけば自動配線ができるようになっています。

プリント基板を自作する際のエッチングについて

プリント基板を自作する際のエッチングについて 最近の電子機器の設計においては非常に多くの最先端技術が導入されており、たくさんの人たちがしっかりとしたCADツールを使いこなしたり、また、回路設計においてはレイアウト設計も手掛けたりと、多種多様なスキルが必要になっています。こうした時代背景のなかで、自作のプリント基板を作成する際に、非常に多くの行程を自分で行っていかなくてはならないのですが、その行程をしっかりと議論することで非常に良い製品を作る出すことができます。
ここで、様々なプリント基板を作成するにあたって重要な行程としてエッチングという研磨をかけるような作業があるのですが、自作での製作の場合は自分で工作機器を用意して処理していく必要があります。こうした処理をきっちりと実施していくことで、より多くの製品を自作することができ、自分の設計したICについてしっかりとした特性評価を行っていくことが可能になります。最近では自作によるプリント基板もカスタマイズの要件から数が多くなっています。

Copyright © 2017 プリント基板制作の基礎知識 all rights reserved.