プリント基板制作の基礎知識

プリント基板の作り方

プリント基板の作り方

プリント基板の作り方 まず自分でプリント基板を作る方法と、電子基板制作サービスを利用した方法があります。サービスを利用する場合には、電子基板設計用CADを使用し、設計してからサービスに作成依頼を行います。
自分でプリント基板を作る方法ですが、ポジ感光基板を使用しエッチングするというやり方があります。電子基板設計用CADを使用し、設計してからOHPフィルム、またはトレーシングペーパーに印刷したものを原版に使用して感光、エッチングすることで作成します。
また、生基板にレーザープリンターの印刷を転写してエッチングするという作り方もあります。アイロン転写を行う場合は、キャノンのページプリンターが良いでしょう。
生基板の銅箔部分をCNCフライスで切削除去すると試作基板の穴も加工できるため、比較的らくにできると言われています。プロッターにマジックでパターンを描き、エッチングする方法もあります。3Dプリンターでパターン印刷を行うと、電子回路ごと印刷できるのでお勧めの作り方です。

プリント基板の構造説明

プリント基板の構造説明 プリント基板と一言でいっても、種類があり代表的な物はリジッド基板とフレキシブル基板です。外観は大きく違うのですが、実はその構造に大きな違いはありません。さらにプリント基板には片面・両面・多層・スルホール付きなど様々な種類がありますが、代表的なものは片面で、両面や多層はその組み合わせや、スルホールの有無で分かれています。
リジッドとフレキシブル基板共に、基板・銅箔・ソルダレジスト・接着剤の組み合わせでできています。強度の元になる基板の上に電流を流すための銅箔をはり、その上に銅箔の保護やはんだの短絡防止のためのソルダレジストをかけます。一般的な片面のリジッド基板はこれで終わりで、その上に電流回路のパターンを印刷したり、部品を搭載するための電極を印刷します。フレキシブル基板は非常に薄いのが特徴ですが、構造はほぼ同一で薄い基板に銅箔・ソルダレジストの順番でそれぞれ接着剤を使用して接合しています。この物をさらに薄くして組み合わせることによって、様々な種類のプリント基板が出来上がるのです。

Copyright © 2017 プリント基板制作の基礎知識 all rights reserved.