プリント基板制作の基礎知識

プリント基板制作における情報をまとめています

プリント基板を自作するときの材料の入手方法

プリント基板を自作するときの材料の入手方法 プリント基板を自作する場合その材料のほとんどが100円ショップなどで入手できるようになっています。
ただし現状ではカット基板(銅張積層板とも言います)はmazonや秋葉原で購入するしかありません。プリント基板の材料としてクエン酸やオキシドール や除光液 (ただしアセトンが含まれているもの)ピストン・スポイトやタッパーや細油性ペンやチャック袋にクリアファイル (回路図を保存するのに利用)スチールウールやミニルーター,0.5mmドリルなどは100円ショップで入手可能です。
ただ 食塩は置いていないケースがあります。もちろん100円ショップ以外でもホームセンターなどから調達することもできるのがポイントです。
お店をハシゴすればより安価にプリント基板の材料を入手をすることができるわけとなります。
これらでプリント基板を作るのはコンビニコピー機と100均材料と卓上で手軽にできる除光液(アセトン)での転写が容易であることが挙げられます。

プリント基板を安く手に入れる方法

プリント基板を安く手に入れる方法 プリント基板とは、絶縁体に小さな金属をはめ込んで作る精密機器のことです。緑色のシートに金属がたくさん並んでいるのを見たことがある方は多いと思います。
携帯電話や電化製品などの身近な機会だけでなく車や航空機などの乗り物にも使われていますし、大きな産業ロボットや医療機器、宇宙ロケットなどにも使われており、プリント基板なしでは現代のものづくりは語れないというほど重要なものです。 日本国内にも有名なメーカーはたくさんあります。世界的にも日本のものづくりの技術はとても高く、海外に輸出している企業も多いです。
では、プリント基板を安く手に入れるためにはどのメーカーに依頼すればいいのでしょうか。
実は、インターネットでプリント基板を安く手に入れることができます。通常、少ない枚数だと1枚あたりの単価が高くなってしまいがちですが、ネット注文であれば数枚でも安く仕上げてもらえますので、個人で基板を必要としている場合でも注文しやすいです。

Copyright © 2017 プリント基板制作の基礎知識 all rights reserved.